朝や夕方の時間のある時にウォーキングしています。

自然が溢れるところに住んでいるので、歩きながら四季を感じています。

同じ時間帯でも、季節によって外の明るさが全然違う。

冬だとスマホの明かりを頼りに歩くけど、夏では太陽の光が眩しい。

気温も違います。冬はダウンジャケットに毛糸の帽子と手袋、

それでも寒さを感じながら歩いている。

しかし、夏ではTシャツ1枚でも汗だくになってしまう。

また、ウォーキングコースには、さまざまな花が咲きます。

春には菜の花、夏には朝顔、秋はヒガンバナ、冬は枯れ草など

菜の花は3月〜4月に綺麗な黄色の花を咲かせます。

決して9月や10月に咲くことはありません。

朝顔は7月〜8月、ヒガンバナは9月〜10月、そして冬になったら枯れ草だけ

植物たちは四季というリズムに乗って、花を咲かせます。

言い方を変えれば、この植物たちは、

自分の命が輝く時を知っているのです。

自分たちのリズムを知っているのです。

自分が何者か知っていて、

咲くべき時に咲き、散るべき時(休む時)に散っていく(休憩する)。

私たちの人生にも咲く時、休憩するとき、

というリズムがあることをご存知ですか。

例えば、努力を重ねて頑張ってもうまくいかない時、

こんな時は休憩し、充電する時です。

次のリズムが上がった時のために備える時です。

そして、そのリズムが上がってきたら、

備えたものを発揮するだけです。

あなたは、頑張る必要はありません。

ただ、充電していたエネルギーを放つだけで、

あなたの望むものを手に入れることができるのです。

今、世界はコロナで沈んでいるように見えますが、

全ての人が沈んでいるのではありません。

コロナのおかげで、好調なリズムに乗っている人もいます。

一人一人、その人特有のリズムを刻んでいます。

あなたが何者で、どんな人生のリズムなのかを知ることが、

自由で楽しい人生を送る秘訣です。