この宇宙に静止しているものはありません。

あらゆるものが振動し影響しあってリズムを奏でています。

一見止まって見えるようなものも、内部では眼視が激しく振動しているのです。

朝と夜というリズム。

四季というリズム。

潮の満ち引きというリズム。

私たちは、宇宙が奏でるリズムの中で生きています。

この宇宙はいつも動いています。

その動きのリズムに合わせることで、宇宙の力を効果的に使うことができます。

ウミガメな海を回遊しまた同じ浜に戻ってきます。

渡り鳥は決まった季節に飛来して、決まった時期に去っていきます。

同じように人間にもリズムを読む力が備わっています。

リズムに乗るために大切なのは、リズムを感じて自分から動きを作ることです。

頭で理解するとともに体で感じることができれば、直感を通してすべきことが降りてくるようになるでしょう。

リズムに乗ることは決して特別な力ではありません。

私たちたちは元来その力を持っていました。

遥か昔の人間に備わっていた力を今こそ取り戻すのです。

アップテンポな曲やダウンテンポの曲に合わせて、体を動かしてみましょう。

体でリズムを感じ取れるようになると、だんだん直感が磨かれていきます。

今日があなたにとって楽しい日になりますように。