みんなが「中流」を目指し、同じテレビ番組を見たり、同じような食べ物を食べたり、

同じような服を着たりして幸せを感じた時代は終わりました。

テレビは視聴率が落ち、音楽も多様化し、新しい時代は「人の数だけ幸せがある」のです。

そんな時代を生き生きと輝いて成功している人の特徴に、「自分が誰だか知っている」があります。

「自分が誰なのかわからない」という人は、誰かと比較したり、仕事にしがみついたり、嫌われないようにしているという方が多いです。

「自分が誰だか理解している」なら、その自分を生きればいいのです。

「宇宙の法則は、この地球上において、あらゆる命が誕生し関連しあい、この世界が続いていくために働いているのです」

あなたの命もまた同じです。

あなたという命が誕生し、この地球に影響を与え、この世界が続いていくために法則が働いているのです。

そして、宇宙に全く同じ人は2人いないのです。

「あなたがあなたらしく生きた時」宇宙の法則を最も強く感じられるでしょう。

安全無難、常識、善人といった思い込みが過度に働きすぎると、

「あなたが誰なのかを忘れ」させ、宇宙の働きを感じさせなくなってしまうのです。

「今生きている」「食べるものがある」のような、当たり前のことに感謝できる人ほど、宇宙の法則を身近に感じ活用できるのです。